/

バレー男子・中垣内監督「いよいよ」 試合会場で初練習

東京五輪のバレーボール男子日本代表が20日、試合会場の東京・有明アリーナで初の練習を行った。会場の照明や雰囲気を確かめるように、スパイクやサーブなどで1時間ほど汗を流した。中垣内祐一監督は「いよいよだなという感じ。選手たちも五輪でプレーするんだという気持ちになったんじゃないか」と話した。

選手村には19日に入村。現役時代に1992年バルセロナ五輪を経験した同監督は「自国なので、あまり五輪という感じがしない」と笑いながらも「いろんなアスリートを見ることで気持ちが引き締まる。日本選手団をもっと意識するようになると、日本の代表という自覚とプライドも出てくる」と話した。〔共同〕

Tokyo Olympics and Paralympics 特設サイトへ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン