/

北京五輪代表122人発表 JOC、羽生結弦・平野歩夢ら

日本オリンピック委員会(JOC)は20日、北京冬季五輪の日本代表選手として、フィギュアスケート男子で3連覇に挑む羽生結弦(ANA)や、東京五輪にスケートボードで出場したスノーボード男子ハーフパイプ(HP)の平野歩夢(TOKIOインカラミ)ら122人を発表した。結団式は29日に東京都内で行う。

出場枠の再配分があれば、選手総数は海外の冬季五輪で最多だった前回平昌五輪の123人を上回る可能性がある。

選手団は監督・コーチら138人を含めて計260人。団長は日本スケート連盟フィギュア委員長の伊東秀仁氏、総監督は長野五輪スキージャンプ男子団体金メダリストの原田雅彦氏が務め、新型コロナウイルス対策責任者は東京五輪に続いて土肥美智子理事が担う。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

北京五輪

2022年北京冬季オリンピック・パラリンピックの最新ニュースやビジュアルコンテンツ、日程、競技結果をこちらの日本経済新聞電子版(日経電子版)特集ページでお読みいただけます。(Google Chrome、Microsoft Edge、Safariの最新版でご利用ください)

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン