/

侍J、実戦形式で連係確認 稲葉監督「様々な準備できた」

野球の東京五輪日本代表は20日、仙台市の楽天生命パーク宮城で強化合宿を行い、実戦形式の守備練習で連係プレーを確認した。柳田(ソフトバンク)は右脇腹の違和感の影響で守備に入らず、代わりに右翼手の鈴木誠(広島)や近藤(日本ハム)が中堅に入り、稲葉監督は「みんながいろんな準備をできた」とうなずいた。

バント練習に時間を割き、主軸候補のヤクルトの村上らも取り組んだ。稲葉監督は「一発勝負で大事になってくる。積極的にやってくれた」と目を細めた。投手陣ではDeNAの山崎、広島の栗林らが投球練習を行い、28日に福島市の福島県営あづま球場で行われるドミニカ共和国との開幕戦に備えた。〔共同〕

Tokyo Olympics and Paralympics 特設サイトへ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン