/

池田勇太2位後退、首位と2打差 ゴルフパートナー第2日

ゴルフパートナー・プロアマ第2日(20日・茨城県取手国際GC=東コース6804ヤード、西コース6544ヤード、パー70)前日首位でツアー3年ぶりの優勝を目指す池田勇太は67で回り、通算14アンダーの126で大槻智春と並ぶ2位に後退した。2打差の首位には8バーディー、1ボギーで63をマークしたブラッド・ケネディ(オーストラリア)が立った。

この日ベストの62を出した永沢翔が首位と5打差の4位に浮上し、スコット・ビンセント(ジンバブエ)と並んだ。前週優勝の今平周吾は13位。4アンダーまでの61選手が決勝ラウンドに進んだ。(出場126選手、晴れ時々曇り、気温24.3度、南西の風0.8メートル、観衆1129人)〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン