/

この記事は会員限定です

学費高すぎ!? それでも志願者増の米アイビーリーグ

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

新型コロナウイルスの感染者数で世界最多の米国。感染が急拡大する中で各州が相次いでロックダウン(都市封鎖)を決めた2020年3月には大学も閉鎖され、キャンパスから学生の姿が消えた。あれから1年余り。ワクチンの接種が進み、少しずつ日常を取り戻しつつある中で、米国の大学も学年末、そして卒業シーズンを迎えた。多難な1年を経て、社会と同様に大学や学生の間でも「格差」が顕著になっている。

「アイビーリーグ」と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3436文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

コロナ禍の世界の名門大学

新型コロナウイルスの感染拡大は、世界中の人々の「当たり前」を変えた。各国の大学も例外ではなく、対面での議論や実習を重視してきた授業もオンラインに移行した。コロナ禍でも教育の質にこだわり続けた、世界の名門大学の取り組みを追う。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン