/

この記事は会員限定です

いでよ「コロナ禍のニュートン」 ケンブリッジ大の革新

(更新) [有料会員限定]

新型コロナウイルスは世界中の人々の日常に様々な変化をもたらした。各国の大学も例外ではない。ワクチン接種が進む英国や米国でも、2020~21年度はキャンパス内外での行事が中止になり、図書館や学生寮などにも利用制限がかかった。一方、欧米に比べて比較的早期に感染拡大を抑え込んだとされる中国やアジアの名門大学では、危機をチャンスに変える取り組みが目立つ。コロナ禍の「新常態」でも色あせない、世界の名門大学の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3457文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

コロナ禍の世界の名門大学

新型コロナウイルスの感染拡大は、世界中の人々の「当たり前」を変えた。各国の大学も例外ではなく、対面での議論や実習を重視してきた授業もオンラインに移行した。コロナ禍でも教育の質にこだわり続けた、世界の名門大学の取り組みを追う。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン