/

十両・貴源治、大麻使用が判明 相撲協会は処分検討

日本相撲協会は20日、十両貴源治関(24)=本名上山賢、栃木県出身、常盤山部屋=の大麻使用が判明したと発表した。既に警察へ通報した。捜査関係者によると、警視庁が19日に任意で本人から事情聴取。大麻の入手先や使用のいきさつなどを捜査している。貴源治関は事情聴取後に帰宅を許され、謹慎中という。

17日に協会に情報が入り、調査に着手。18日の大相撲名古屋場所千秋楽の取組後、本人と師匠の常盤山親方(元小結隆三杉)から事情を聴いた。貴源治関は痛み止めなどに大麻成分が入っていたと主張し、使用を否定したが、19日の尿検査で陽性。結果を受け、名古屋場所中に大麻たばこ1本を吸ったと認めた。

八角理事長(元横綱北勝海)は協会コンプライアンス委員会に事実関係の調査と処分意見の答申を委嘱。警察の捜査に全面的に協力しながら、処分を検討するとした。

現行の大麻取締法は、所持や栽培を禁じる一方、使用に罰則はない。厚生労働省は使用を規制する方向で検討している。

貴源治関は貴乃花親方(元横綱)が師匠を務めた貴乃花部屋から2013年春場所に初土俵を踏み、17年夏場所で新十両。18年春場所では兄の貴公俊(後の貴ノ富士、引退)と史上初の双子関取として話題になった。貴乃花親方の退職で、18年10月に部屋を移籍。19年名古屋場所で新入幕を果たした。今年の名古屋場所は東十両6枚目で6勝9敗と負け越した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン