/

柔道GS優勝の古賀若菜「パリ五輪向けいいスタート切れた」 

柔道のグランドスラム・パリ大会で女子48キロ級を制した古賀若菜(山梨学院大)が20日、オンラインで報道陣の取材に応じ「内容としては満足している。3年後のパリ五輪に向けていいスタートが切れた」と語った。

国内では東京五輪銀メダルの渡名喜風南(パーク24)と6月の世界選手権決勝で敗れた角田夏実(了徳寺大職)を追う立場。20歳のホープは「これからも国際大会はたくさんある。一つ一つを大事にして頑張っていく」と決意を新たにした。

女子70キロ級の新添左季(自衛隊)は4試合を全て一本勝ちで優勝し「結果を残せて良かった。組み手や寝技で練習してきた部分を出せた」と納得顔。同級は東京五輪覇者の新井千鶴が現役を引退し、自身への期待は高まっている。25歳の大器は「自分が先頭に立つほどまだ成長できていないが、そこまでいけるように頑張る」と意気込んだ。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン