/

西武の榎田・小川が戦力外 現役続行を希望

西武は20日、榎田大樹投手(35)、小川龍也投手(30)に来季の契約を結ばないと通告したと発表した。両選手とも現役続行を希望している。渡辺久信ゼネラルマネジャー(GM)は「優勝した年に戦力として頑張ってくれた」と話した。

榎田は鹿児島県出身で東京ガスからドラフト1位で阪神に入団した2011年に救援で62試合に登板。18年に西武に移籍し先発として11勝を挙げリーグ優勝に貢献したが今季は登板がなかった。

球団を通じ「一番の思い出はリーグ優勝だが、18年に登板した阪神戦で(藤浪)晋太郎と投げ合えたこと、同郷の先輩の福留さんや、鳥谷さんと対戦できたことは自分の勝ちより印象に残っている」とコメントした。

小川は千葉英和高から10年にドラフト2位で中日に入団し16年には44試合に登板。18年途中に西武に移籍し、その年と19年のリーグ連覇に貢献。今季は5試合に登板して防御率9.00だった。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン