/

オリックス平野「連覇狙えるのは僕ら」 母校で活躍誓う

昨季29セーブを挙げてオリックスの25年ぶりのリーグ優勝に貢献した平野佳寿投手が20日、母校の京産大(京都市)を表敬訪問し「連覇を狙えるのは僕らしかいない。日本一という忘れ物をみんなで取りにいく」と今季の活躍を誓った。

米大リーグから復帰した昨年は、首痛による離脱もあったが、46試合に登板した。3月に38歳となる今年も「試合数にはこだわる。50試合、60試合と投げたい。勝ち試合で投げられるように、若い選手と競い合っていきたい」と意気込んだ。

日米通算200セーブにもあと7と迫っており「200、250と、諦めずにもがいていく」と意欲をのぞかせた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン