/

宇都宮・安斎竜三監督が退任 今季のBリーグ王者

(更新)

バスケットボール男子Bリーグで今季の年間王者に輝いた宇都宮の安斎竜三監督(41)が20日、宇都宮市内で記者会見し、退任を表明した。選手、コーチ時代を含めて15シーズン在籍。「本当にいいバスケット人生をここで送らせてもらった。毎試合、応援して良かったと思ってもらえるチームをつくることをやってきたつもり」と誇った。

福島県出身。選手時代の2007年に日本リーグ2部だった栃木(当時)入りし、09~10年シーズンの日本リーグ初優勝に貢献。17年に監督に就任し、今季は5季ぶりの頂点に導いた。

退任の理由は、指揮を執る中で「ちょっと凝り固まったバスケット観しか出てこなかった。勉強し直したい思いが一番強かった」と説明。今後に向け「もっと成長してバスケット界に貢献したい」と決意を新たにした。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン