/

ACL、神戸が初戦で傑志下す 横浜Mは敗れる

サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は19日、タイのブリラムなどで東地区の1次リーグが行われ、J組の神戸は初戦で傑志(香港)に2-1で勝ち、勝ち点3を獲得した。前半に郷家が先制し、後半には井上が加点。終盤に失点したものの、逃げ切った。傑志は1勝1敗で同3。H組は横浜Mが全北(韓国)に0-1で敗れ、1勝1敗となった。

同組は全北が1勝1分けで首位。シドニーFC(オーストラリア)はホアンアイン・ザライ(ベトナム)と引き分けて2分け。ホアンアイン・ザライは1分け1敗となった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン