/

柔道佐々木、GS優勝に「結果残せて安心」 パリから帰国

柔道のグランドスラム・パリ大会で男子81キロ級を制した佐々木健志(ALSOK)が19日、帰国して報道陣のオンライン取材に応じ「結果にこだわっていたので、一番いい結果を残せて安心している」と感想を語った。

東京五輪銅メダリストら強豪と対戦した5試合で全て一本勝ち。五輪代表を逃した悔しさから成長し、パワフルな柔道で強いインパクトを与えた。「勝つために何が必要か、以前より考えられるようになった」と手応えを深めた様子だった。

男子の鈴木桂治監督は初陣を4階級制覇で飾った。佐々木について「無双状態で強いの一言。佐々木健志のステージだった」と称賛した。一方で100、100キロ超級の重量級は出場3選手がそろって初戦敗退。「世界で勝つというテーマは遠い。今後は海外の選手との経験値を増やすことが第一になる」と険しい表情で話し、さらに実戦を積ませる方針を示した。

日本で見守った女子の増地克之監督は48キロ級で20歳の古賀若菜(山梨学院大)ら優勝した3選手に関して「パリ五輪に向けて良いスタートを切ろうという気持ちで準備し、自分の力をしっかり発揮した」と評価した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン