/

森保監督、久保建のW杯予選復帰に慎重 「焦りはよくない」

サッカー日本代表の森保一監督が19日、オンラインで取材に応じ、膝の故障で離脱している久保建英(マジョルカ)について、11月のワールドカップ(W杯)アジア最終予選での復帰に慎重な姿勢を示した。日本は11月11日にベトナム、16日にオマーンといずれも敵地で対戦する。

久保建は9月に所属先の試合で故障し、10月のW杯予選を欠場した。現地では半月板損傷との報道がある。森保監督は「すぐにパフォーマンスが100パーセントになるか難しい状況。焦って再発させるのは彼のキャリアにとってよくない。戦力として考えたいが、判断を間違えないように気をつけたい」と話した。

ベルギー1部リーグでハットトリックした三笘薫(サンジロワーズ)を高く評価し「自分の道を自分で切り開いて」とエールを送った。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン