/

志摩ノ海・妙義龍、11日目から休場 大相撲初場所

大相撲初場所11日目の19日、西前頭9枚目の志摩ノ海(32)=本名浜口航洋、三重県出身、木瀬部屋=と東前頭10枚目の妙義龍(35)=本名宮本泰成、兵庫県出身、境川部屋=が休場した。ともに10日目は白星で5勝5敗だった。志摩ノ海は「右ハムストリング(太もも裏)損傷で約1週間の加療を要する」、妙義龍は「右大腿二頭筋腱筋挫傷で2週間の安静加療を要す」との診断書を日本相撲協会に提出した。

休場は志摩ノ海が序二段だった2014年夏場所以来7度目、妙義龍が19年秋場所以来9度目。志摩ノ海の対戦相手の遠藤、妙義龍の対戦相手の若元春はともに不戦勝。今場所の十両以上の休場者は大関貴景勝ら9人となった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン