/

バレー男子アジア選手権、日本が準V イランに完敗

バレーボールの男子アジア選手権最終日は19日、千葉ポートアリーナなどで行われ、日本は決勝で前回優勝のイランに0-3で屈し、2大会ぶりの制覇を逃した。

日本―イラン 第1セット、ブロックに跳ぶ宮浦(19)と李(19日、千葉ポートアリーナ)=共同

日本は第1セット、石川(ミラノ)、大竹(パナソニック)の活躍でジュースに持ち込んだが25-27で失った。第2セットは要所で相手のサーブとブロックに苦しみ22-25。第3セットは宮浦(ジェイテクト)の強打などで粘ったが29-31で奪われた。

3位決定戦は中国が台湾を3-0で下した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン