/

五輪代表・三浦が連覇 日本学生対校陸上、男子3000障害

陸上の日本学生対校選手権最終日は19日、埼玉県熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で行われ、男子3000メートル障害は東京五輪代表の三浦龍司(順大)が8分32秒47で2連覇した。女子は吉村玲美(大東大)が日本歴代2位の9分41秒43で3連覇。

男子3000メートル障害 8分32秒47で優勝した三浦龍司=手前(19日、熊谷スポーツ文化公園陸上競技場)=共同

男子110メートル障害は五輪代表の泉谷駿介(順大)が13秒29の大会新記録で優勝。同三段跳びは伊藤陸(近大高専)が日本歴代3位の17メートル00で3連覇した。女子200メートルは五輪400メートルリレー代表の斎藤愛美(大阪成蹊大)が23秒76で制し、同代表の児玉芽生(福岡大)は3位だった。

対校得点の男子は順大が2年ぶり29度目、女子は日体大が4年ぶり9度目の優勝となった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン