/

全日本ショート、女子の山名2連覇 男子は岩佐が初V

スピードスケート・ショートトラックの北京冬季五輪代表選考会を兼ねた全日本選手権最終日は19日、丸善インテック大阪プールアイススケート場で1000メートルと3000メートルの2種目が行われ、前日の2種目を合わせて女子は山名里奈(山梨学院大)が2大会連続、男子は岩佐暖(きらぼし銀行)が初の総合優勝を果たした。ともに総合3位だった男子の小池克典、女子の神長汐音(以上全日空商事)が残り1枠の五輪代表に決まった。

日本スケート連盟はリレー種目のメンバー構成を重視し、全日本距離別選手権も含めた選考用ランキングでも上位だった小池と神長を選出した。

日本の五輪出場枠は男子4枠、女子3枠。既に代表に決まっていた男子の吉永一貴(トヨタ・中京大)ら3人、女子の菊池純礼(富士急)ら2人は出場しなかった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン