/

保木・小林組が決勝進出 世界バドミントン

【ウエルバ(スペイン)=共同】バドミントンの世界選手権第7日は18日、スペインのウエルバで各種目の準決勝が行われ、ダブルスで男子の保木卓朗、小林優吾組(トナミ運輸)はマレーシアのペアを2-0で下し、2大会連続で決勝に進んだ。

混合で東京五輪銅メダルの渡辺勇大、東野有紗組(日本ユニシス)は山下恭平、篠谷菜留組(NTT東日本)にストレート勝ちし、同種目で日本勢初の決勝進出。女子の永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)は第1シードの陳清晨、賈一凡組(中国)に0-2で敗れ、3連覇はならなかった。

女子シングルスは山口茜(再春館製薬所)が張芸曼(中国)を2-0で退け、初の決勝進出を果たした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン