/

サッカー日本代表候補合宿、試合形式で戦術確認

サッカーのワールドカップ(W杯)アジア最終予選を控えた日本代表候補合宿は18日、千葉市内で2日目の練習を行い、大迫(神戸)長友(FC東京)酒井(浦和)らが試合形式のメニューを通してコンディションの向上と戦術確認に努めた。

試合形式の練習では局面で激しく競り合うなど活気があった。互いに4-5-1の布陣で、ボールの追い方や攻撃の組み立てに重点を置いた。

B組2位の日本は27日に中国、2月1日にサウジアラビアを埼玉スタジアムに迎える。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン