/

NPB、コロナ後遺症を調査 復帰選手にアンケート

日本野球機構(NPB)と12球団は18日、臨時の代表者会議をオンラインで開き、新型コロナウイルス感染から復帰した選手に、後遺症についてのアンケートを実施することを決めた。今後10日間をめどに、各球団で症状や期間などを調査する。

NPBの井原敦事務局長は「結果を持って専門家の先生の意見を聞きたい。どう対応すればいいか、方法などを(選手に)示していきたい」と話した。

代表者会議に先立って行われたサッカーJリーグとの「新型コロナウイルス対策連絡会議」のオンライン記者会見では、Jリーグの野々村芳和チェアマンが調査結果を公表。「後遺症があったのは(感染者の)十数%。重たい例は今のところ聞いていない」と説明した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン