/

クライミング野口さん「指導する立場に」 五輪銅、地元を表敬

東京五輪のスポーツクライミング女子で銅メダルを獲得した野口啓代さんが18日、地元の茨城県龍ケ崎市の中山一生市長を表敬訪問し、現役最後の大会を終えた後のプランについて「(今後の五輪で)日本人選手の金メダルが見たいなとすごく思った。サポートや指導する立場として、協力できることがあったらやっていきたい」と語った。

茨城県龍ケ崎市の中山一生市長(右)を表敬訪問したスポーツクライミング女子の野口啓代さん(18日、龍ケ崎市役所)=共同

32歳の野口さんは龍ケ崎市の実家にある壁を拠点に練習し、日本女子の第一人者として長く活躍。競技が初採用された東京五輪を最後に現役を退いた。「市の皆さんにはずっと応援してもらっていた。メダルを見せることができて本当に良かった」と笑顔で話した。〔共同〕

Tokyo Olympics and Paralympics 特設サイトへ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン