/

西武・栗山巧「土台固める」 21年目、負担減らし調整

昨季通算2千安打を達成した西武の栗山巧外野手が18日、埼玉県所沢市の球団施設で練習を公開した。同僚の岡田雅利捕手に打撃投手を務めてもらい黙々と打ち返し「(マシンではなく)人が投げた球を打つには、軸を保っていいインパクトを迎えないとバットのいい音が鳴らない。しっかり土台を固めたい」と手応えをにじませた。

プロ21年目を迎える。上半身と下半身の連動を意識した滑らかなスイングづくりに取り組んでおり「今のところ準備段階。インパクトの時にエネルギーが伝わるようにというイメージ」と狙いを語った。

昨年のこの時期は休みを週に1度にしてハードな練習をこなしていたが、今年は負担を減らして調整している。「工夫する余地はけっこうある。天気予報も頭に入れながら予定を組み立て、柔軟に対応していく」と説明した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン