/

全日本ショート、神長・小池が総合首位 五輪代表を選考

スピードスケート・ショートトラックの北京冬季五輪代表選考会を兼ねた全日本選手権は18日、丸善インテック大阪プールアイススケート場で開幕して男女各2種目が行われ、女子は神長汐音(全日空商事)が500メートル1位、1500メートル3位で総合トップに立った。平井亜実(トヨタ自動車)が2位、1500メートルを勝った山名里奈(山梨学院大)が3位、菊池萌水(KHネオケム)が4位。

男子は500メートル1位の小池克典(全日空商事)が総合首位、1500メートルを制した松津秀太(阪南大)が2位。2018年平昌五輪代表の渡辺啓太(阪南大職)は5位。

日本の北京五輪出場枠は男子が4枠、女子が3枠。男子は吉永一貴(トヨタ・中京大)ら3人、女子は菊池純礼(富士急)ら2人が既に代表に決まっており、今大会には出場していない。19日に1000メートルと3000メートルを実施し、残りの男女各1人は大会終了後に発表される。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン