/

サッカー南ア代表、選手2人がコロナ陽性 22日に日本戦

(更新)

南アフリカ・オリンピック委員会は18日、東京五輪に出場するサッカー男子の同国代表チームの選手2人とスタッフ1人が新型コロナウイルスの検査で陽性となったと発表した。東京・味の素スタジアムで行われる1次リーグA組初戦の日本戦が22日に迫っており、影響が懸念される。

陽性となったのはジェームズ・モニャン、カモヘロ・マーラツィの両選手と映像分析スタッフ1人。チームは14日に来日して選手村へと移動していた。他の選手らの検査結果は陰性という。

感染対策をまとめた「プレーブック(規則集)」や国際サッカー連盟(FIFA)によると、陽性が確定した選手がどの程度の期間の隔離を求められるかは個別の事情に応じて決まる。

新型コロナ禍で、今大会のサッカーは各チームの選手登録枠が18人から22人に拡大した。その中から試合ごとに18人を選べる。FIFAは試合実施のためには少なくとも13人の選手登録が必要としている。〔共同〕

Tokyo Olympics and Paralympics 特設サイトへ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン