/

荒汐部屋、若隆景らが申し合い 高安も参加

大相撲の荒汐部屋が18日、東京都中央区の部屋で報道陣に稽古を公開し、関脇若隆景や出稽古に来た関脇阿炎や幕内霧馬山、元大関の幕内高安らが申し合いを披露した。

名古屋場所(7月10日初日・ドルフィンズアリーナ)で関脇3場所目となる若隆景は5勝4敗。荒汐部屋には毎日のように関取衆が出稽古に訪れており「いろいろな部屋の関取と稽古ができて、充実感がある。こういう機会でしっかり稽古していきたい」と語った。

阿炎は右肘に痛みがあり1勝7敗だったが「重い人とできたし、自分の足りない部分がしっかり見えた」と収穫を口にした。高安は出稽古解禁となった6日から4部屋目と精力的で、この日は6勝6敗だった。「最初から最後まで気を張って、いい稽古になった。いろんなタイプの力士と肌を合わせて、得るものはたくさんあった」と実感を込めた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン