/

18日のプロ野球 結果と戦評

(更新)

【オリックス2-0西武】オリックスの山本が無安打無得点の快挙を達成。150キロ台の真っすぐと鋭い変化球をコースに決め、9奪三振。許した走者は四球の1人だけだった。打線は五回に宗の適時二塁打で先制。八回にも加点した。西武は打線が沈黙した。

【ソフトバンク3-1楽天】ソフトバンクが今季初のサヨナラ勝ちで、楽天を抜いて首位に浮上した。1-1の延長十回、周東が2号2ランを放った。3番手の又吉が2勝目を挙げた。楽天は0-1の九回に銀次の適時打で追いついたが、松井裕が痛打を浴びた。

【阪神4-1DeNA】阪神が5連勝で3位浮上。0-1の一回に佐藤輝の2点二塁打で逆転し、三回に大山の2試合連続本塁打となる2ランで加点した。伊藤将は打たせて取り、ソロ本塁打による1失点完投で3勝目。DeNA打線は3安打と元気なく3連敗。

【ロッテ3-1日本ハム】ロッテが3連勝で3位に並んだ。三回に山口の2点打で先制し、2-1の五回には中村奨が適時二塁打を放った。ロメロが6回1失点で自身3連勝の5勝目。日本ハムは打線がつながらず、野村のソロによる1点にとどまった。

【ヤクルト10-6広島】ヤクルトが連勝を7に伸ばした。1-2の六回に山崎の3ランで逆転し、続く山田のソロで加点。5-4の七回は塩見の2点三塁打などで一挙5点を奪った。2番手の木沢が4勝目。広島は投手陣が粘れず、4連敗で4位に後退。

【中日4-3巨人】中日がサヨナラ勝ち。3-3の九回に先頭からの連打で無死一、三塁とし、A・マルティネスが中前に決勝打を放った。九回を抑えた5番手のR・マルティネスが今季初勝利。巨人は八回から登板のビエイラが前夜に続いて痛打された。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン