/

西武・内海、新型コロナに感染 定期検査で判明

プロ野球西武は18日、鹿児島県奄美市で練習していた投手コーチ兼任の内海哲也投手(39)が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表した。せきの症状があり、発熱はないという。16日に行った定期的な抗原検査で陽性となり、翌17日にPCR検査を受けて陽性と判定され、隔離している。

チームメートの渡辺勇太朗投手や他球団の選手も一緒に練習していたが、渡辺投手は抗原検査で陰性だった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン