/

佐々木オール一本勝ち、長沢・新添もV 柔道GSパリ大会

柔道のグランドスラム・パリ大会最終日は17日、パリで男女計7階級が行われ、男子で81キロ級の佐々木健志(ALSOK)と90キロ級の長沢憲大(パーク24)、女子70キロ級の新添左季(自衛隊)が優勝した。

佐々木は全5試合を一本勝ち。決勝は世界ランキング1位のタト・グリガラシビリ(ジョージア)に合わせ技で圧勝した。新添は決勝で世界女王のバルバラ・マティッチ(クロアチア)から一本を奪った。

男子81キロ級の藤原崇太郎(旭化成)は3位。女子は78キロ級の高山莉加(三井住友海上)が2位、70キロ級で世界選手権2位の大野陽子(コマツ)は3位だった。

男子で90キロ級の村尾三四郎(東海大)は5位。100キロ級の飯田健太郎(旭化成)、100キロ超級の小川雄勢(パーク24)と佐藤和哉(日本製鉄)は初戦の2回戦、女子78キロ級の泉真生(コマツ)は1回戦で敗退した。

日本代表は東京五輪後初の国際大会で、五輪代表は出場しなかった。男子は鈴木桂治監督が就任後で初の実戦だった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン