/

柔道・佐藤瑠香が引退 18年アジア大会女王

実業団柔道のコマツは17日、女子78キロ級で2018年ジャカルタ・アジア大会女王の佐藤瑠香(30)が現役引退すると発表した。佐藤は同社を通じ「夢が五輪金メダルだった。夢をかなえることができず柔道人生を終えるが、頑張り続けた私自身を褒めてあげたい」とコメントした。

福岡県出身の佐藤は八幡工高(福岡)時代から将来を嘱望され、膝のけがなどに苦しみながら、力強い大内刈りを武器に活躍。世界選手権は10年に無差別級、13、14、17年に78キロ級で出場した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン