/

17日のプロ野球 結果と戦評

【ソフトバンク9-4楽天】ソフトバンクは今季最多の5本塁打と打線が奮起し連敗を3で止めた。1-3の三回に牧原大の4号3ランで逆転。グラシアルの2打席連続本塁打などで効果的に加点した。楽天は先発の田中将が5回12安打7失点と大乱調だった。

【ヤクルト7-2広島】ヤクルトが今季初の6連勝。0-1の三回に塩見の適時二塁打、山田の2点二塁打で逆転し、四回にサイスニードの適時打で差を広げ、その後も加点した。サイスニードが8回1失点で4勝目。広島は大瀬良が4回4失点と崩れ3連敗。

【中日2-0巨人】中日が連敗を6で止めた。0-0の八回に2安打と犠打などでチャンスを広げ、阿部の2点適時打で均衡を破った。大野雄は8回を3安打無失点、10奪三振の力投で4勝目を挙げた。巨人は7回無失点と粘った菅野を援護できず3連敗。

【阪神7-5DeNA】阪神が4連勝。0-1の一回に糸原の2点打と山本の2点二塁打で4得点と逆転し、三、六回と大山がソロ本塁打を放った。青柳は6回4失点でリーグ単独トップの8勝目を挙げ、アルカンタラが来日初セーブ。DeNAは最下位転落。

【ロッテ7-4日本ハム】ロッテが2-4の九回に5点を奪い、逆転勝ちした。安田の適時打と失策に乗じて追い付き、中村奨の3点二塁打で勝ち越した。3番手で五~八回を無失点で乗り切った本前が2勝目。日本ハムは救援陣が崩れ、連勝が3で止まった。

【西武4-2オリックス】西武が3連勝。高橋が八回途中まで2失点と試合をつくり、自身の連敗を4で止めて5勝目。増田が九回を締め16セーブ目を挙げた。打線は四回に外崎の適時二塁打、六回は山川の21号ソロなどで2点ずつ奪った。オリックスは6連敗。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン