/

スケボー堀米「楽しく過ごせた」 五輪金、ロスも視野に

東京五輪のスケートボード男子ストリートで金メダルを獲得し、五輪新採用の競技で初代王者となった22歳の堀米雄斗(XFLAG)が17日、拠点とする米国へ出発する前に羽田空港で取材に応じ「楽しい時間を過ごせた。米国に戻ったら毎日スケボーのいつもの生活に戻るのが楽しみ」と目を細めた。

米国へ出発前に、取材に応じる東京五輪のスケートボード金メダリスト、堀米雄斗(17日、羽田空港)=共同

しばらく大会出場の予定はなく、映像作品の撮影や新技の習得に励むといい「日本にいる間はあまり滑れなかったので早く米国でそれをやりたい」と話した。

スケートボードが引き続き実施される3年後のパリ五輪や、実施が期待される2028年ロサンゼルス五輪への出場にも意欲を示し「東京五輪が終わって近くに見えてきた。パリも頑張りたいし、ロスまで滑れるようにしたい」と決意を込めた。〔共同〕

Tokyo Olympics and Paralympics 特設サイトへ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン