/

Jリーグ、6月から声出し応援検証 国内プロスポーツで初

サッカーのJリーグは17日、新型コロナウイルス感染拡大対策のため禁止している声出し応援の段階的導入を決めたと発表した。発声を伴う応援の再開は多数の観客が集まる国内のプロスポーツイベントで初。6~7月に数試合で運営検証し、その後は希望する全クラブで実施できるように進める。

検証は、まず6月4日か11日に茨城県鹿嶋市のカシマスタジアムで鹿島が戦うYBCルヴァン・カップのプレーオフ(対戦相手未定)と同12日に東京都調布市の味の素スタジアムで実施されるJ2東京V―岩手で行う。

Jリーグの野々村芳和チェアマンはオンラインでの取材に「熱量を早く取り戻さないといけない。サポーターが力を発揮できる場を提供できないのは本来のサッカーではない」と話した。

前後左右を空けて席を配置した「声出し応援可能エリア」では不織布マスクを着けた上で声援を送れる。計3千人までが対象で7月は7千人での検証を6試合程度で予定。産業技術総合研究所が観客同士の距離や二酸化炭素の濃度などを測定し、リスクを調べる。感染防止のため当該試合は5千人または収容人数の50%のうち、大きい方を全入場者の上限とする。

日本では拍手や鳴り物での応援が定着してきたが、サッカーが盛んな欧州では観客の歌声や声援が戻っており、規制緩和を求める声が強まっていた。4~5月に東南アジアで行われたアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の1次リーグでは声援が認められ、Jリーグは調査のためスタッフを派遣していた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン