/

五輪連覇の大野将平らを派遣 柔道GSウランバートル大会

全日本柔道連盟は17日、グランドスラム・ウランバートル大会(24~26日)の派遣選手として、東京五輪の男子で73キロ級2連覇の大野将平、81キロ級金メダルの永瀬貴規(ともに旭化成)、女子57キロ級3位の芳田司(コマツ)らを発表した。いずれも五輪後初の国際大会となる。

世界選手権(10月・タシケント)代表勢は永瀬の他に女子48キロ級で昨年覇者の角田夏実(了徳寺大職)、男子100キロ級の飯田健太郎(旭化成)が入った。男子90キロ級の増山香補(パーク24)は左肩などのけがで欠場となった。日本勢は男女計12選手が参加予定。

2024年パリ五輪出場権獲得の基準となる世界ランキングのポイント対象期間が大会初日の24日からスタート。24年6月23日まで争われる。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン