/

田中・河村が日本新 ホクレン陸上、男女1500

陸上のホクレン中長距離チャレンジ最終戦は17日、北海道の千歳市青葉陸上競技場で行われ、女子1500メートルで東京五輪代表の田中希実(豊田自動織機TC)が4分4秒08の日本新記録を樹立した。昨年の自身のタイムを1秒19更新して優勝。

女子1500メートルで4分4秒08の日本新記録をマークし、笑顔でポーズをとる田中希実(17日、千歳市青葉陸上競技場)=共同

男子1500メートルは河村一輝(トーエネック)が3分35秒42の日本新記録。荒井七海(ホンダ)の記録を1秒63塗り替えた。佐藤圭汰(京都・洛南高)が高校新の3分37秒18で2位に入った。

男子800メートルは源裕貴(環太平洋大)が日本記録に並ぶ1分45秒75で優勝。女子1万メートル五輪代表の安藤友香(ワコール)は5000メートルに出場し15分45秒57で12位。同代表の新谷仁美(積水化学)は3000メートルなど計3レースに出場した。〔共同〕

Tokyo Olympics and Paralympics 特設サイトへ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン