/

三笘がハットトリック、原口はアシスト 海外サッカー

【ベルリン=共同】サッカーの海外各リーグは16日、各地で行われ、ベルギー1部でサンジロワーズの三笘薫はセラン戦で0-2の後半開始から出場し、リーグ戦初得点を含む3ゴールの活躍で4-2の逆転勝ちに貢献した。アントワープの三好康児は1-2で敗れたワーレゲム戦の後半24分から出場した。

ドイツ1部でウニオン・ベルリンの原口元気は2-0で快勝したウォルフスブルク戦の後半4分に先制点をアシスト。同27分までプレーした。ボーフムの浅野拓磨は1-0で勝ったフュルト戦で後半17分から出場。シュツットガルトの遠藤航と伊藤洋輝はフル出場し、ボルシアMGと1-1で引き分けた。伊藤のリーグ戦フル出場は初めて。

アイントラハト・フランクフルトの長谷部誠は1-2で敗れたヘルタ戦で今季初のフル出場。鎌田大地は後半から出場。

オランダ1部でズウォレの中山雄太はPSVアイントホーフェン戦にフル出場して先制点をアシストした。チームは1-3で敗れて開幕から未勝利の1分け8敗。スコットランド・プレミアリーグでセルティックの古橋亨梧は2-0で勝ったマザーウェル戦で後半37分まで出場した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン