/

女子フルーレ、日本が2大会連続2位 フェンシングW杯

フェンシング女子フルーレのワールドカップ(W杯)は16日、ポーランドのポズナニで団体が行われ、上野優佳(中大)、東晟良(日体大)、辻すみれ(朝日大)の東京五輪代表と菊池小巻(セガサミー)で臨んだ日本が昨年12月の大会に続いて2位となった。

東京五輪6位の日本は準々決勝で五輪2位のフランス、準決勝では地元ポーランドに競り勝った。決勝は米国に23-45で屈した。

上野は「2022年最初の試合で2位になれたことはうれしい。しかし、前回も2位で、今回は優勝を目指していたので少し悔しい」とコメントした。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン