/

サニブラウン、世界陸上男子100で7位 日本勢初の決勝

【ユージン(米オレゴン州)=共同】陸上の世界選手権第2日は16日、米オレゴン州ユージンで行われ、男子100メートルでサニブラウン・ハキーム(タンブルウィードTC)が日本勢初の決勝に進み、10秒06で7位入賞した。準決勝は10秒05の1組3着でタイムで拾われた。決勝進出は五輪を含めると、1932年ロサンゼルス五輪6位の吉岡隆徳以来、2人目の快挙。

4度目の世界選手権出場となるサニブラウンは、2017年大会の200メートルで同種目の史上最年少で決勝に進み、7位となっている。

決勝はフレッド・カーリーが9秒86で制し、米国勢がメダルを独占。坂井隆一郎(大阪ガス)は準決勝の2組6着で敗退した。

男子走り幅跳び決勝で橋岡優輝(富士通)は7メートル86で10位。女子の1万メートルは広中璃梨佳(日本郵政グループ)が日本歴代2位の30分39秒71で12位で、五島莉乃(資生堂)は19位だった。1500メートル準決勝の田中希実(豊田自動織機)は4分5秒79で2組6着にとどまり、決勝進出を逃した。

男子110メートル障害予選の泉谷駿介(住友電工)、石川周平(富士通)は17日の準決勝に進出し、村竹ラシッド(順大)は落選した。同400メートル障害の黒川和樹(法大)も準決勝に進んだ。

スポーツトップ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン