/

張本・伊藤は第3シード 五輪卓球シングルス、3回戦から出場

国際卓球連盟(ITTF)は16日、東京五輪の各種目のシードを発表し、シングルスで男子の張本智和(木下グループ)が第3シード、丹羽孝希(スヴェンソンホールディングス)が第12シードに入った。女子は伊藤美誠(スターツ)が第3シード、石川佳純(全農)は第5シードとなった。上位16シードまでの選手は3回戦からの出場となる。

混合ダブルスの水谷隼(木下グループ)伊藤組は第2シード。団体は男子が第3シード、女子は第2シードとなった。

各種目の組み合わせ抽選は21日に行われる。シングルスの第1、2シード、混合と団体の第1シードは全て中国代表。日本勢は、女子団体と混合ダブルスは決勝まで中国勢と当たらない。シングルスは男女とも準決勝までに中国勢とぶつかる組み合わせとなる。〔共同〕

Tokyo Olympics and Paralympics 特設サイトへ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン