/

レスリング、園田新が全日本選抜V8 世界選手権代表に

レスリングの世界選手権(9月・ベオグラード)代表選考会を兼ねた明治杯全日本選抜選手権は16日、東京・駒沢体育館で開幕し、男子グレコローマンスタイル130キロ級の園田新(ALSOK)が8連覇を達成し、世界選手権代表となった。

男子フリースタイルは65キロ級の山口海輝(日体大助手)が2連覇、79キロ級の高橋夢大(日体大)が3連覇して代表入り。

女子76キロ級は鏡優翔(東洋大)が初制覇し、代表切符をつかんだ。

昨年12月の全日本選手権覇者が今大会も優勝すれば世界選手権代表となり、勝者が異なればプレーオフを実施。女子59キロ級の元木咲良と68キロ級の石井亜海(ともに育英大)は初優勝し、プレーオフも制して代表となった。

男子グレコ97キロ級は仲里優力(佐賀県スポーツ協会)が初制覇したが、全日本王者の鶴田峻大(自衛隊)がプレーオフに勝った。同63キロ級は全日本王者が不在で、池田龍斗(日体ク)が初優勝して代表に決まった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン