/

王鵬、先輩琴ノ若らと17番 佐渡ケ嶽部屋で申し合い

大相撲の佐渡ケ嶽部屋が16日、千葉県松戸市の同部屋で前日に続いて稽古を公開し、元横綱大鵬の孫の幕内王鵬や名古屋場所(7月10日初日・ドルフィンズアリーナ)で新十両の豪ノ山(武隈部屋)らが出稽古で申し合いを行った。

王鵬は埼玉栄高の先輩に当たる幕内琴ノ若らと17番取って7勝。大嶽部屋では自分以外の関取がおらず「負ける方が多いのは久しぶり。来られてよかった」と話した。再入幕の夏場所では6勝9敗とはね返されたが「押しなどは通用しないとは思っていない。いい相撲を取っていきたい」と意欲的だった。

豪ノ山は元大関の幕内高安と5番取って一度も勝てなかったが、押し込む場面もあった。「すごく力の差を実感した。いい勉強になった」と収穫を口にした。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン