/

オリックス杉本は5倍7000万円 本塁打王、「昇天した」

パ・リーグ最多32本塁打をマークしたオリックスの杉本裕太郎外野手が16日、大阪市内の球団施設で契約交渉に臨み、今季の5倍となる年俸7千万円で更改した。

30歳の遅咲きスラッガーは「上がりすぎて昇天しながらはんこを押した」とほくほく顔。漫画「北斗の拳」のキャラクター「ラオウ」の愛称で親しまれる巨漢は、本塁打を放って右拳を突き上げる「昇天ポーズ」に引っかけて喜びを語った。

自己最多の出場134試合で打率3割1厘、83打点。ベストナインにも初選出された。「過去5年、結果が出なくても契約してくれた球団に感謝。来年もレギュラーで、全試合に出たい」と一層の活躍を誓った。

29セーブを挙げた平野佳寿投手は5千万円増の年俸2億円で更改。米大リーグから4年ぶりに戻った37歳のベテランは「取ってもらって結果を出せないと意味がない。少しでも力になれてよかった」とリーグ優勝への貢献を喜んだ。(金額は推定)〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン