/

ソフトバンク、年俸3年連続首位 プロ野球選手会が調査

日本プロ野球選手会は16日、加入選手を対象とした年俸調査の結果を発表し、球団別の支配下登録選手の今季平均年俸ではソフトバンクが7002万円で3年連続トップとなった。12球団の支配下登録721選手の平均は138万円増の4312万円で、現行の調査方法となった1988年以降の最高を更新した。

巨人が6632万円で2位、楽天が6035万円で3位。昨季日本一に輝いたヤクルトは418万円増の4050万円で7位から5位、パ・リーグを制したオリックスは1282万円増の3922万円で12位から6位にそれぞれ上がった。

リーグ別ではパ・リーグが4545万円、セ・リーグが4074万円で、3年続けてパが上回った。また、契約更改交渉での選手の満足度を測るアンケート結果を今年から公表し、数値が最も高かったのがソフトバンクで、低かったのは中日だった。

調査対象は選手会に加入し、今季開幕時に支配下登録されていた選手。外国人選手など一部の選手は加入していない。選手会の森忠仁事務局長は「球団間、球団内の格差がかなりあると感じている。その辺を変えていければ」と語った。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン