/

J1神戸など、W杯予選で上申書 選手のコロナ対策緩和を

J1神戸は16日、今月末から国内で行われるワールドカップ(W杯)アジア最終予選に参加する選手の新型コロナウイルス感染症対策を、必要最小限の内容とするよう改めて協議を求める上申書を、J1の浦和、FC東京、川崎、湘南、清水、広島と連名で日本サッカー協会に提出したと発表した。

日本は27日に中国、2月1日にサウジアラビアと対戦する。試合後に14日間の隔離期間が課されると、代表選手が2月中旬のJリーグ開幕直前までチームに戻れないことなどが懸念されている。日本協会はJリーグとともに、政府に隔離期間の短縮を求める方針を示している。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン