/

全日本トランポリン、西岡隆成3連覇 宇山芽紅は初V

トランポリンの全日本選手権最終日は16日、鹿児島市の西原商会アリーナで行われ、個人決勝で男子は昨年の世界選手権2位の西岡隆成(近大)が60.750点をマークして3連覇した。女子は東京五輪5位の宇山芽紅(スポーツクラブ テン・フォーティー)が55.790点で初優勝し、2019年世界選手権女王の森ひかる(TOKIOインカラミ)は準決勝で敗退した。

非五輪種目のシンクロナイズド決勝で男子は野村綾之介(prima)堺亮介(バンダイナムコアミューズメント)組、女子は森、宇山組が日本一に輝いた。〔共同〕

スポーツトップ

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません