/

貴景勝、春場所は5度目かど番 初場所の負け越し確定

右足首のけがで大相撲初場所4日目から休場した大関貴景勝が3月の春場所をかど番で迎えることが16日、決まった。同日に発表された9日目の取組に入らず、今場所の負け越しが確定した。かど番は昨年9月の秋場所以来5度目。

貴景勝は3日目の宇良戦で負傷し「右足関節靱帯損傷で約2週間の治療期間を要する見込み」と診断された。師匠の常盤山親方(元小結隆三杉)は当面、治療に専念させる方針を示している。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン