/

世界陸上、サニブラウン9秒98 男子100m準決勝へ

【ユージン(米オレゴン州)=共同】陸上の世界選手権は15日、米オレゴン州ユージンで開幕し、男子20キロ競歩で昨年の東京五輪3位の山西利和(愛知製鋼)が1時間19分7秒で、2大会連続で制した。日本選手の世界選手権2連覇は男女を通じて初で、今大会の金メダル第1号。個人種目の連続メダルは2001年、03年の男子ハンマー投げの室伏広治以来だった。

東京五輪銀メダルの池田向希(旭化成)が7秒差の2位。住所大翔(順大)は8位、高橋英輝(富士通)は29位だった。

男子100メートル予選ではサニブラウン・ハキーム(タンブルウィードTC)が向かい風0.3メートルの7組で9秒98の1着、坂井隆一郎(大阪ガス)は10秒12の4組3着で16日の準決勝に進んだ。

女子20キロ競歩の藤井菜々子(エディオン)が6位に入り、2大会連続の入賞を果たした。岡田久美子(富士通)は14位。

男子走り幅跳びの橋岡優輝(富士通)、同走り高跳びの真野友博(九電工)はともに決勝に進出。女子1500メートル予選の田中希実(豊田自動織機)はタイムで拾われて準決勝に進んだ。男子3000メートル障害予選で日本勢は三浦龍司(順大)ら3人全員が落選。混合1600メートルリレーの日本(中島、松本、岩崎、小林)は予選落ちし、ドミニカ共和国が優勝した。

スポーツトップ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン