/

大谷翔平、今季1号の先頭打者本塁打 五回には2号放つ

(更新)

【アーリントン=共同】米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平(27)が15日、敵地アーリントンで行われたレンジャーズ戦に「1番・指名打者」で出場し、一回に初球を捉えて今季1号ソロ本塁打を放った。シーズン開始から8試合目での初本塁打はメジャー5年目で最も遅く、待望の一発が生まれた。五回の第3打席にも本塁打を放ち、1試合2本塁打は昨年7月2日のオリオールズ戦以来となった。

昨季は日本選手のシーズン最多記録となる46本塁打をマーク。今季のオープン戦では3本塁打を放ったが、開幕から1番で出場を続ける打撃は調子がいまひとつ上がっていなかった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン