/

日本3位、2戦連続表彰台 W杯ジャンプ男子団体

【ザコパネ(ポーランド)=共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は15日、ポーランドのザコパネで団体第3戦(ヒルサイズ=HS140メートル)が行われ、佐藤幸椰、小林潤志郎(ともに雪印メグミルク)中村直幹(フライングラボラトリー)小林陵侑(土屋ホーム)で組んだ日本は合計1034.1点で3位に入った。2戦連続の表彰台。

スロベニアが1101.7点で優勝した。日本は佐藤幸が1回目最高の139.7点をマークするなどチームをけん引。最後まで2位争いを演じたが、0.6点差でドイツに競り負けた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら初回2カ月無料!

北京五輪

2022年北京冬季オリンピック・パラリンピックの最新ニュースやビジュアルコンテンツ、日程、競技結果をこちらの日本経済新聞電子版(日経電子版)特集ページでお読みいただけます。(Google Chrome、Microsoft Edge、Safariの最新版でご利用ください)

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン