/

フィギュア鍵山・三原が優勝 五輪テスト大会

【北京=共同】フィギュアスケートの北京冬季五輪テスト大会を兼ねたアジアンオープントロフィー最終日は15日、北京の首都体育館で行われ、男子は18歳の鍵山優真(オリエンタルバイオ・星槎)が前日のショートプログラム(SP)に続いてフリーも1位の179.98点をマークし、合計277.78点で優勝した。

17歳の佐藤駿(フジ・コーポレーション)がSP、フリーともに2位の256.16点で2位、金博洋(中国)が3位。

女子はSP2位の三原舞依(シスメックス)がミスを最小限に抑えてフリー1位の135.75点を出し、合計203.58点で逆転優勝。SP1位の坂本花織(シスメックス)はジャンプが乱れてフリー2位となり、202.28点で2位だった。

新型コロナウイルス対策で無観客開催。中国側は五輪本番を想定して外国人選手や関係者を受け入れ、感染者発生を防ぐために入国から出国まで外部と接触させない「バブル方式」を採用した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン